大好きなSweets や日常の中で感じた事を色々書いていきたいと思います。


by serendipity-vivi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

アニュー・パスカル


  
a0117484_350372.jpg


        「アニュー・パスカル」と言うお菓子がある事も、型がある事も知っていましたが

        作り方は知らなかった私です。


a0117484_3534852.jpg

 そんな私に

 お菓子研究家の西山 朗子さんが、「一緒に作ってみない?」と
 
 誘って下さったので、早速伺ってきました。 



        
a0117484_3563588.jpg


      まずは型に取り付けられている金具を外し、

      内側に丁寧にバターを塗ります。

      バターが多すぎては焦げてしまい、少なすぎると型から外れません。

      ちょうど良い量を「型からちゃんと外れますように…」と

      願いを込めながら塗り込んでいきます。


        
a0117484_412385.jpg


         パンド・ジェンヌの生地を流し、焼きあがった所です。

        
a0117484_435871.jpg


      型から外す時は、
 
      「五体満足で無事に生まれてきますように…」と言う位の

      不思議な気持ちで祈るように金具を外し、
 
      そ~っとそ~っと生地を型から取り出します。
        
      無事に取り出せた時には「本当に良く生まれてきたね~!」と。

      不思議な親心です(笑)

a0117484_4131366.jpg


      型がまだ温かいうちに、型の手入れをします。

      ティッシュで、細かい耳とか眼や毛並みなど、

      焼き残りがないように丁寧に拭き取っていきます。

        
a0117484_4175571.jpg


      今度は冷めた生地に粉糖を振りかけ、

      せっかく五体満足に浮かれたひつじの首を折らないように

      そ~っと優しく締めすぎないようにリボンを結びます。 

      ここまできたら、ホッ!!

        
a0117484_4221719.jpg


      最後まで気を抜かないようにして、

      袋に入れて大切にお持ち帰りしてきました☆



 

        
[PR]
by serendipity-vivi | 2010-04-01 04:36 | 講習 & レッスン