大好きなSweets や日常の中で感じた事を色々書いていきたいと思います。


by serendipity-vivi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:パティシエのケーキ( 20 )

グーテ・ド・ママン

a0117484_4331653.jpg


ずっと行ってみたかった、「グーテ・ド・ママン」

今日、平岩さんの出版記念イベントで伺ってきました。

a0117484_4342151.jpg


噂で聞いていた、アルミカップで焼かれた、
「キャラメルプリン」
弾力がありながら、滑らかで
甘すぎず、
苦くなるギリギリに煮詰められたキャラメル、
そのキャラメルに負けずに
卵の風味がしっかり感じられる
いわゆる昔ながらのプリン。

このプリンを焼くには、季節、温度、湿度は勿論、
生地の温度までしっかり把握し
オーブンの温度調整をした上で
プリンを焼き上げるまで
オープンに4時間もの時間を取られるそうです。

a0117484_345532.jpg


プリンを焼いているのはこの道20年の
チーフパティシエールの佐和さん。

「今でもプリンを焼くのは本当に難しいです。」の
言葉にずしりと来るものがあります。

なめらかプリンが流行った時も流行に流されず、
ずっと
このプリンを作り続けてこられたからこその存在感。

ファンが多いのも頷けます。

その他に戴いたのは、

a0117484_3554931.jpg

a0117484_3561961.jpg

a0117484_410432.jpg


今年の母の日用のラズべリーケーキ、
トライフルロールに
最後に焼きたてのりんごタルト!
焼きたてのタルトにフォークを入れた時の
「サクッ」この音がたまりません!でした。

どれもとても素朴で本当に美味しい!

三富恵子シェフが、

「ケーキ屋はできないけど、
     おやつ屋なら出来るかも・・・!」

と始られたこのお店も30年続いて、
老舗と言われている所以が
わかったような気がしました。

素朴で温もりを感じるお菓子は
「グーテ・ド・ママン=ママのおやつ」の通り、
心をほっこりさせてもらい何だかホッとする
「お母さんの味」でいつまでも不滅なんですね!
お菓子の原点です!

お菓子だけでなく
素敵な出逢いをさせて頂いた今日の1日に
心から感謝!!です。



[PR]
by serendipity-vivi | 2015-05-01 03:24 | パティシエのケーキ
a0117484_10017.jpg


呑川から桜新町駅に戻る途中に
夕方から参加する「ポワソンダブリル」の会で戴くケーキを受け取りに、
パティスリー「ビガロー」へ。

イートインスペースが空いており、
時間もあることなので休憩することに。

私は、今日から期間限定の「桜」を戴きました。

多くのお店では、桜のケーキを作るのに
苺や、フランボワーズ、チェリーを
使われることが多いと思うのですが
ここ、「ビガロー」さんでは、
桜の葉から抽出したエキスを使っての
シンプルな仕上げ。
桜のイメージと合って上品で
シンプルながら「桜」そのものを感じることが出来るケーキでした。

又ひとつ、伺うのが楽しみなお店が増えました。
[PR]
by serendipity-vivi | 2015-03-28 23:57 | パティシエのケーキ
a0117484_18293036.jpg


先日、リリエンベルグに行って、
生菓子と一緒に買ってきた日向夏のクグロフ

自家製日向夏のピールがたくさん!
[PR]
by serendipity-vivi | 2015-03-04 18:28 | パティシエのケーキ

リリエンベルグ

a0117484_01081693.jpg


いつもはたくさんの人が並んでいることで
有名な「リリエンベルグ」も
平日に伺うと殆ど並ばずに購入することができます。

桜のシュニッテンは
春の訪れを感じてなんだかウキウキした気持ちに、
日向夏を使ったクリームタルトは爽やかです。
伝統菓子のドボストルテは
チョコレートのバタークリームが
いく層にも重ねられ、一番上には飴状のキャラメル。
他にも2点、カプチーノなども買いましたが、
季節感と伝統を大切にされながら
丁寧なに作られたお菓子はどれも本当に美味しい。



[PR]
by serendipity-vivi | 2015-02-27 22:52 | パティシエのケーキ

リリエンベルグ

a0117484_5201748.jpg


栗、ぶどう、さつま芋、りんご・・・  
もう、すっかり秋ですね。

どれを戴いても本当に美味しい。
[PR]
by serendipity-vivi | 2014-09-20 05:19 | パティシエのケーキ
先週、知り合いと雪がちらつく中、
ソルレヴァンテへ行き、
昨年も戴いたフォンダンショコラを 
戴いてきました。

a0117484_6182949.jpg


持ってきて頂いて、
すぐにナイフを入れるとちょうどいい感じで中からトロ~ッ!

そして、土曜日
「新・チュウボーですよ~」見ていたら
藤田シェフが今日の巨匠で指導しておられた!
出来上がったときの、
シェフの決め顔さすがでした☆

藤田シェフ、
今年も美味しいフォンダンショコラ
ご馳走様でした。
[PR]
by serendipity-vivi | 2014-02-15 06:12 | パティシエのケーキ

娘の誕生日ケーキ

a0117484_04124100.jpg

1月5日が誕生日だった娘のお誕生日ケーキ

ちょっと遅くなってしまったけれど、
今年は「ジュンウジタ」の宇治田シェフにお願いしました。
濃厚チョコとフランボワーズのケーキ。

フランボワーズ大好きな娘、とても喜んでいました!

a0117484_0463313.jpg
[PR]
by serendipity-vivi | 2014-01-09 22:49 | パティシエのケーキ
a0117484_2541165.jpg


ソルレヴァンテに引き続き訪れた、
「 ドゥー・パティスリー・カフェ 」 も今日が最後の営業日。

そして、菅又シェフも今日で 「 ドゥー・パティスリー・カフェ 」 を卒業!
独立に向けて、このお店を卒業すると共に新しいスタートです。
6年間、有難うございました & お疲れ様でした!

菅又シェフには、2010年の9月に浅草橋講習会で
2011年には
「 パティスリー アカシエ 」 の興野シェフ、
「 元 ケ・モンテベロ 」 の橋本シェフとの3人によるコラボ講習会に
そして、今年6月には、Sweets Please 6周年記念の会で
お兄さんの純一シェフとのコラボでお世話になりました。

本当に有難うございました。

暫くはゆっくりして下さいね。

a0117484_2552216.jpg


ここ数年、暮れには、「 ドゥ・パティスリー・カフェ 」 の
ロールケーキを戴いていたのですが、
このロールケーキも今年で最後。
今度はいつ、戴けるかな?
楽しみにしています☆
[PR]
by serendipity-vivi | 2013-12-30 03:04 | パティシエのケーキ
a0117484_440468.jpg


 「ソルレヴァンテ 」 の季節限定商品、「 和栗のモンブラン 」 が
今月いっぱいで終了という事だったので伺ってきました。

今日は8個しか、ショーケースに並ばなかったとかで
伺った時には既に売り切れ状態。
でも…
電話でお取り置きさせて貰っていてよかった~!

a0117484_4484435.jpg

一緒に頂いてきたのは
娘が大好きな ラズベリーのプティフール
[PR]
by serendipity-vivi | 2013-12-29 07:39 | パティシエのケーキ

ドゥブルベボレロ


23日は個人的にクリスマスアントルメを堪能していた私ですが
24日は、家族で戴こうと、 
先日、大阪で打ち合わせさせて頂いた、
「ドゥブルベボレロ」のラスランスのタルトと
渡辺シェフのスペシャリテでもある、
アイアシュッケとノッチェラートの3品をお取り寄せしました。


a0117484_16301016.jpg

ラフランスのタルト。
これは先日、講習会の打ち合わせの会の時に戴いたもの。
美味しくて、お取り寄せしました。 
勿論、とても美味しかったのですが、
写真でも判るようにナパージュが少し流れてしまっていて
お店で戴く美味しさには敵いませんね。
それでも、こうして送って頂けると言うのは本当に嬉しい。

a0117484_16305013.jpg

チョコレートの方の 「 ノッチェラート 」 は、
数種類のクーベルチュール、トルコ産のヘーゼルナッツの自家製いパウダー、
マルコナ種のアーモンドパウダーを使用した、小麦粉を使わないスポンジに
ガナッシュをサンドしたイタリア風チョコレートケーキ。

そして、ベイクドチーズケーキの 「 アイアシェッケ 」
一番下のクッキー生地に、レーズン入りのクリームチーズ、
バターとカスタードクリームに
そぼろ状のクッキーを載せて焼かれた4層からなるこのチーズケーキは、
とても優しく想像よりもずっと軽いチーズケーキでした。

家族だけで戴くのは勿体ないので
いつもお世話になっているお友達にもお福分け。
美味しい物をちょっとずつ、これがいいんだなぁ。。。☆
[PR]
by serendipity-vivi | 2013-12-25 21:27 | パティシエのケーキ